クジラモバイルの製品の品質は大丈夫なのか?

まだ現在、面倒くさいという理由からドコモ、au、ソフトバンクを利用している人たちもいらっしゃることでしょう。

 

また、他社への乗り換えの方法がわからないという方々もいらっしゃるでしょうし、不安という方々もいます。

 

 

クジラモバイルは、みなさんの不安をどの程度解消してくれるのでしょうか。

 

 

やっぱりクジラモバイルは不安かも

 

ドコモ、au、ソフトバンクを利用している人たちは、やっぱり支払い料金って10000円程度がボーダーラインになっていたりするのではないでしょうか。

 

10000円って高いですけど、こんなものかなという認識もそろそろ出来てしまっているかもしれません。

 

 

他にシフトしようと思うものの、いろいろ不安材料があったりします。クジラモバイルの品質は大丈夫なのでしょうか。

 

クジラモバイルがなんでクジラなのか、疑問をお持ちではないでしょうか。

 

 

そもそも動物の中で、一番通信距離が長い存在といえば、クジラのことなのです。通信の代名詞がクジラだから、クジラモバイルという名前がつきました。

 

そもそもクジラという存在は、海中のサウンドチャンネルという層を使い、最長6000キロも離れている相手と通信が可能といわれています。おおかた南極からハワイまでの距離です。

 

 

まさにクジラモバイルでは、「遠くまで安定して電波が届ける」ことをシンボルとして、クジラをモチーフとしています。

 

 

クジラモバイルはどの程度の品質なのか

 

まだまだ、クジラモバイルの選択は不安という多くの人たちがいます。決して、まだクジラモバイルという存在が知名度抜群ということではありませんので、仕方ない問題かもしれません。

 

今後、このような問題は、徐々に解消されていくことでしょう。

 

 

3大キャリアというものがあります。そこで多くの人たちが利用して、料金が高いことに、耐えているのです!それは、今まで選択肢がなかったからではないでしょうか。

 

しかし、いま、「格安スマホ」「格安SIM」サービス(MVNO)が提供されるようになって、一気に家計が厳しい!という方々が、そちらを向きあうようになりました。

 

 

しかし、品質の問題では不安は山積みです。

 

キャリアから帯域を借りているだけだから、利用する人たちが多い場合、通信速度が異常に低下してしまったり、ネットが全然繋がらなかったり、利用している人たちのイライラ感はつのるばかりです。

 

 

また、いつも電話を利用する人たちにとって、データを使用する人たちにとって、割高料金の体系になってしまう可能性もあります。

 

また、本来、かけ放題に専用のアプリを必要としたり、通話の時間帯などの制限も、取っ払わなければならないものでしょう。

 

 

問題は解決しなければならない

 

「格安スマホ」「格安SIM」サービス(MVNO)がスタートするのはいいですが、このような問題を一つずつ解決していかなければ、利用する人たちのストレスは何も解決出来ないのかもしれません。

 

 

なんで、クジラモバイルのサービス提供がスタートしたのかといえば、そのような問題を解決するためなのです。

 

高い品質であり、料金が安いスマートフォン、それが実現不可能です。

しかしクジラモバイルなら出来るはずなのです。

 

 

そして、クジラモバイルの登場によって、世界の人たちがインターネットで綱がり利便性の高い世界を構築することができるようになります。

クジラモバイルが目指しているのは、そのような世界の構築です。

 

 

安くても品質は問題なし

 

安いから大丈夫?という不安はなかなか消えないでしょう。

 

しかしクジラモバイルは、大手の通信品質とはほとんど変わらないと見ていいでしょう。

 

 

なぜなら、 通信は、大手キャリア(MNO)から通信回線を借りて提供されているからです。

 

クジラモバイルの乗り換えをしても、通信に対しては、大手キャリアから借りた回線をそのまま使用しているから通話の品質は変わることはありません。

 

 

ただし、 インターネットの回線の方は、乗り換えで速度が落ちてしまった……ということ起こる可能性があります。それは、一度に使えるデータ量を決めているからです。ユーザーがたくさんいれば、その分遅くなってしまうことがあります。

 

 

いわば、格安SIMの抱える問題は、ネットの速度ということになりますが、敢えてここまでわかっていたら、後手で登場した業者だからこそ、改善の対策も見つけることができそうな感じもありますが。

 

 

MVNO業者は現在、会社の数は820社程度です。そして、登場して既に20年ものも年月が流れようとしています。

 

820社程度の激しい競争社会の中、抜け出た企業が携帯電話に良い革命をもたらしてくれることでしょう。

おすすめの記事