クジラモバイルとは?番号そのままで使ってみた通信速度の検証結果

この記事ではクジラモバイルの通信速度について詳しく説明していきます。

いま、クジラモバイルがとても注目されています。安い料金でスマートフォンを利用したいという方々なら、やっぱりクジラモバイルという選択肢が正しいのではないでしょうか。

クジラモバイルとは

スマートフォンはとても便利な機械ですが、毎月毎月の支払いも結構大変ですよね。

 

毎月の10000円以上の支払いを、なんとか節約したいと考えていらっしゃるのなら、クジラモバイルという選択肢は正しいでしょう。

 

クジラモバイルなら、
毎月4,860円で利用することができます。

携帯電話の料金の節約にも、クジラモバイルの選択肢がおすすめですし、クジラモバイルは、非常にシンプルでわかりやすいメリットがあります。

クジラモバイルのプランの選択肢

クジラモバイルには、同じ番号でドコモ回線、30ギガまで使えるクジラモバイルDというプランと新規発番になりますが、ソフトバンク回線、20ギガ、電話かけ放題まで付いているクジラモバイルSの選択肢があります。

 

クジラモバイルDは、ナンバーポータビリティ対応で、今までの電話番号をそのまま使用することができます。30ギガで、4,860円というのは業界でトップクラスと見ていいでしょう。

 

また、 クジラモバイルSは、20ギガでかけ放題が付いているコースです。(新規発番のみ)

格安スマホだから
通信速度が心配

クジラモバイルは、格安スマホだから、いろいろ不安もお持ちでしょう。

購入したのに、通信速度が遅くてイライラしてしまうかもというのもみなさんが抱えている不安材料です。

 

まず、格安スマホとは、MVNOという格安SIMを提供している業者によって、docomo auなど事業者のネットワークを利用して、通信サービスを提供しています。

 

なんで、安い料金で提供されているのかと言えば、docomo、auのもともと存在している事業者のネットワークを利用しています。

 

いちいち設置しなければならない人件費、設備費のコストが必要ありません。その分だけお客様に安くサービスを提供することができます。

 

でもdocomo、au と比較して料金が安いから本人に大丈夫?という不安はなかなか消えないでしょう。

 

実際にクジラモバイルを利用している人たちの口コミ・評価などチェックすれば、大方ほとんどの人たちが、クジラモバイルを問題なく利用している意見が多くです。

ほとんど悪い口コミも見つけることができません。

通信速度の問題はあるかも

3大キャリアの利用料金があまりにも高いから、多くの人たちはやっぱり節約したいと思っています。

 

そのような人たちが、「格安スマホ」「格安SIM」サービス(MVNO)に非常に関心を持ったりするのでしょう。

しかし、実際には通信速度に問題はない訳ではありません。

 

MVNOは、キャリアから帯域(通信量の割り当て)を借りているだけなので、利用している人たちが多いときはネットに繋がりにくい現象が起こったり、通信速度が遅い問題が出てきます。

 

また、頻繁に電話を掛けたり、データ通信を使う人にとってはかえって割高な料金体系になったりします。

しかし、そのような状況を打破、高品質&低価格を両立を追求したスマホが、クジラモバイルなのです。

 

クジラモバイルには、同じ番号でドコモ回線、「30ギガ」まで使えるクジラモバイルDと、「20ギガ」まで使用することができるクジラモバイルSがあります。

 

「20ギガ」でも、ギガは充分だと思いますので、月の途中で通信速度ダウンの心配もないでしょう。

クジラモバイルDを選択すれば、 悠々と「30ギガ」まで使用することができます。

 

世の中のあらゆるものがインターネットに繋がって、人たちの利便性をより一層高めて行くことができる社会の構築を推進していくために、クジラサービスは誕生しました。

 

あなたにとって通信速度が100%満たされたものでないとしても、今まで以上をここに期待してもいいのではないでしょうか。

おすすめの記事