ペンギンモバイルとクジラモバイルはどちらが良いのか?比較レビュー

最近よく耳にするペンギンモバイルとクジラモバイルは、どちらもネットワークビジネスです。上手くやると、自分の携帯料金がタダになったり、さらに報酬を得られたりします。

 

両方ネットワークビジネスですが、どちらが良いのか報酬体系や携帯料金などを比較してみました。

 

そもそも、ペンギンモバイルとクジラモバイルは名前が似ていますが、別会社が運営する全く別のネットワークビジネス(MLM)です。

ネットワークビジネスは、違法なねずみ講と勘違いしている人が多くいますが、特定商取引法で定められた「連鎖販売取引」という合法的な販売手段です。

 

 

ペンギンモバイルとクジラモバイルはどちらも権利報酬を得られる

 

ペンギンモバイルとクジラモバイルはどちらも権利報酬を得られるネットワークビジネス(MLM)です。

 

 

【権利報酬を得る手順】

 

1.自分がペンギンモバイルもしくはクジラモバイルを契約し、他の人を紹介します。

 

2.契約したビジネスを知り合いや友達に紹介します。

 

3.紹介した人も同じくネットワークビジネスを契約します。

 

4.組織で決められた報酬体系によって報酬を受けることができます。

 

 

通常の所得と比べると権利報酬の場合、自分の紹介した人たちが次の人を紹介していくことで階層構造の組織を作ることで、自分が積極的に働かなくても報酬を得ることができます。

 

知り合いや友達を紹介しペンギンモバイルもしくはクジラモバイルを契約をしてもらい、継続的に使用してくれれば継続的に報酬を得ることができる仕組みになっています。

 

一度組織ができてしまえば、働かなくても収入が自動的に入ってくる(不労所得)なので、株式投資や不動産収入に近いタイプの収益になります。

忙しい子育て中のお母さんや隙間時間での副業にはおすすめです。

 

 

ペンギンモバイルとクジラモバイルの違いについて

 

同じような名前のネットワークビジネス(MLM)ですが、大きく異なる点が2点あります。

また、組織が違うので、初期費用、携帯料金、報酬体系などお金の面でも違います。

 

まず、大きく異なるのは使用回線とセールスポイントの2点。

 

  • 使用回線

 

ペンギンモバイル docomo回線
クジラモバイル Softbank回線

 

売りとなる部分(格安かどうか)

 

ペンギンモバイル 格安SIM
クジラモバイル 普通のSIM

 

勧誘する方も、「安くないSIMです」わざわざ言っているほど、クジラモバイルの場合、格安SIMの勧誘かな?と思う方が多いと聞きます。

 

契約時のデータギガ数が大きいので、ネット回線使用時に不自由は感じないけれど、格安SIMに比べると価格は割高ということでした。

 

格安SIM業者の多くは、docomoの回線を使用している場合が多くて、繋がりにくく不便と言われていますが、クジラモバイルはSoftbankの回線なので快適に使用できます。

 

 

初期費用

 

ペンギンモバイルの初期費用は、「ユーザーとして回線使用の携帯料金」と「代理店になるための費用」がかかります。

 

  • 自分の選んだ携帯の利用料金

 

②代理店になるための費用

・代理店加盟費 34,600円

・システム利用費 3,800円/月

 

ペンギンモバイルでビジネスを始めるためには、自分の携帯利用料の他、代理店になるための初期費用がかかります。さらに、自分の携帯料金+月々のシステム利用料も3,800円かかります。

 

 

クジラモバイルの初期費用

 

クジラモバイルの場合、初期費用は携帯の月額使用料金と事務手数料のみです。代理店になるための初期費用はかからないので、誰でも始めやすいです。

 

新規登録時

・SIM開通事務手数料3,000円

・SIMカード発行手数料394円

※初回のみ

 

ペンギンモバイルの初回時の料金の10分の1ほどです。

 

月額携帯料金 H3

 

ペンギンモバイルとクジラモバイルでは、それぞれの組織で設定している携帯料金の月額プランがあります。

 

ペンギンモバイルの携帯料金

 

データ量 データ専用 データ+SMS データ+SMS+音声通話
3.6G 900円/月 1,050円/月 1,600円/月
6G 1,480円/月 1,630円/月 1,980円/月
12G 2,480円/月 2,630円/月 2,980円/月
24G 4,360円/月 4,510円/月 4,860円/月
36G 5,540円/月 5,690円/月 6,040円/月
15分間かけ放題 +1,250円/月
30分間かけ放題 +1,980円/月

 

 

クジラモバイルの携帯料金

 

クジラモバイルA,B,Cと3パターンのプランがありますが、Bコースのモバイル利用が多いです。家でWi-Fiを繋げている方は、この機会に1コースで支払いをまとめてみると、さらにお得になります。

 

月額料金 特徴
Aコース 4,800円 家庭用Wi-Fi付。

コンセントにさすだけで利用可能。

データ量無制限。

Bコース 5,400円 モバイルレンタル。

24時間通話し放題

20G高速データ通信

Cコース 2,980円 オンデマンドサービス付。14万本の映画などに見放題になり、2200ポイント付与。ポイントは映画のチケットやコミックと交換可能。

 

全てのコースの利用料金の10%がポイントとして貯まっていきます。貯めたポイントは、ショッピングサイトで利用することができます。

例えば、Aコースを選べば毎月480ポイントが自動的に貯まっていきます。

 

格安SIMのペンギンモバイルは980円スタートなので、かなり安いです。データ利用が多い方は、クジラモバイルにしておくとデータ無制限なので安心です。

 

月額7,500円追加することで、代理店としてビジネスができるようになります。

初期費用はかかりませんが、月々のコストがかかります。

 

報酬体系 H3

 

携帯の利用料金だけでなく、報酬体系もそれぞれの組織で異なります。

 

ペンギンモバイルの報酬体系

紹介した人数によって収益が増えていきます。

 

人数 報酬
3人 毎月250円
5人 毎月500円
7人 毎月750円
10人 毎月1,000円

 

 

 

例)

代理店として2人紹介の場合、単発11,000円

毎月1,200円。

 

 

クジラモバイルの報酬体系

 

組織内には、代理店として活躍する財団協会員と、ユーザーである準会員の2タイプがあります。また、財団協会員になってから15タイトルにわけられており、階層組織になっています。

 

 

代理店を増やした場合(8種類)

  1. リクルートコミッション
  2. デイリーコミッション
  3. ジオットコミッション
  4. リーダーシップコミッション
  5. タイトルコミッション
  6. カーコミッション
  7. ハウスコミッション
  8. 39コミッション

 

ユーザーを増やした場合(1種類)

クジラコミッション

 

 

例)

1.1人代理店の成約

リクルートコミッション  3,000円

クジラコミッション10%

※直紹介が3人以上になるとクジラコミッション は20%に上がります。

ただし、それ以上増えても上限は20%です。

 

さらに、合計人数が36人を超えるとリクルートコミッションが4,500円に上がります。

ただし、上限が4,500円なので、それ以上増えることはありません。

 

 

デイリーコミッションももらえます。

 

人数ごとに、250円〜34万円までの報酬が毎日発生します。

 

3人直紹介→250円×30日=7500円

 

直紹介の人数 毎日の報酬額
3人 250円/日
6人 500円/日
18人 1,000円/日
40人 2,000円/日
75人 4,000円/日
150人 7,500円/日
250人… 15,000円/日~

 

直紹介者が5600人以上になると、デイリーコミッションは340,000円になります。

 

 

結論 クジラモバイルの方がお得である

 

携帯など毎月の費用だけを見ると、ペンギンモバイルの方がリーズナブルな印象を受け、お金がかかる印象を受けるのがクジラモバイルです。

 

しかし、報酬体系をしっかり確認していくと、報酬の種類が多いクジラモバイルの方がお得だと感じておられるでしょう。

初めの支出を抑えてコツコツと稼ぐのか、月々の負担は大きいが思い切って投資を行いしっかり稼ぎたいのかによって選ぶ選択肢が異なります。

 

どれくらいのお金を稼ぎたいのか考え、報酬体系などをきちんと読んでいけばどちらがより稼ぐことができるのか一目瞭然です。

 

どちらか迷っている方には、目に見える出費は我慢しても、多くのリターンが見込めるクジラモバイルをおすすめします。

おすすめの記事